葬儀や遺品整理のことなら|任せて安心いい葬儀

相談をしておく

書斎

中原区で葬儀を行なうにしても、どのようにして行なうかは、人それぞれです。そのため、利用の前には事前相談を受けましょう。

お墓は遠くにあると管理やお参りもしにくいものですし、良い墓地霊園が見つかったなら少しでも良いところで先祖を供養したいものです。その際にはお墓を引越ししなくてはいけませんが、家の引越しのように簡単ではありません。 費用もそれなりに高額になっていて、元の墓地霊園は更地にして戻さなくはならず、撤去解体費用を含めて平均30万円ほどかかります。それらは主に石材店に支払いますが、お墓の運搬も同じ石材店がしてくれる場合と遠隔地であれば運送会社が取り扱う場合があります。その費用は距離によって5万から20万円ほどです。これらはあくまで引越しだけの費用となっています。お墓の引越しには他の費用もかかってくることになります。

じつはお墓を引っ越すときにはお寺さんの許可が必要になってきます。ですから離檀料という名目で少々包まなくてはなりませんが、この金額は人それぞれなのではっきりとは言えません。くわえて、お坊さんに閉眼法要(魂抜き)と開眼法要(魂入れ)のために読経等をしてもらわなくてはなりませんが、これはいままでのお寺さんと新しくお世話になるお寺さんに両方にお願いするか、一方のみにやってもらうパターンがあります。これらは通常の読経料金の範囲におさまります。 お墓の引越しには役所に手続きも必要になってきますので、しっかりと事前に調べておき、引越しを計画する段階で、石材店やお寺さんとも相談をしておくと、スムーズにことが運ぶでしょう。

利用者の増加

プール付一軒家

人が亡くなった後の遺品整理であるが、以前は家族が行っていたものである。それが最近は事情が変わってきている。少子化の影響や一人暮らしの老人が増えたなどによるケースで遺族があまりいないのである。

弔電のマナー

リビングダイニング

一昔前までは、弔電といえば刺繍や押し花があしらわれた台紙が使用されるのが当たり前のようになっていました。しかし、もっと深い弔意を表すことができるような重厚な台紙にして欲しいと希望する人がたくさんいたため、七宝焼の台紙が登場してくるようになりました。

金額や価格の傾向

ログハウス風一軒家

永代供養とは、後継者がいなかったり、後継者がいても遠方で管理ができなかったりすると寺院がその人たちに代わってお墓を守ってくれることをいいます。最近では人気を集めているサービスです。

費用を検討する

寝室

家族が亡くなると悲しむ暇もなく、通夜・葬式の準備が必要です。病院で亡くなられる方が多いかと思いますが、病院から自宅あるいは斎場など安置する場所に移送する段階から葬儀社とのやり取りがはじまります。

オススメリンク

  • 株式会社 金森商店

    親身になって手伝いを行なってくれます。宝塚で遺品整理の申し込みがしたいと思っているならサイトを確かめてみるといいです。
  • メモリアル仏壇の金宝堂

    仏壇をお手頃価格で購入がしたいならサイトを拝見してみるといいですね。素敵なデザインが魅力的だと言えるでしょう。

ピックアップ